効果が出るWebサイト運用がしたい

ビジネス成果を向上させるWebサイト運用をご支援します。

Webサイト運用の課題として「自社サイトを更新してもアクセスが伸びない」「ブログを運用しているが、売り上げに貢献していない」ことが多く見受けられます。

Webサイト運用を実施にするにあたり重要なのは、単に掲載したい情報を公開し、逐次更新するという寄せ集めの情報ではなく、ユーザーから企業が魅力的に見えて、結果的に売り上げに繋がるという目的を実現するための行為として捉えることが必要です。ここでは効果が出るサイト運用の考え方、流れをご説明します。

ゴール定義、効果検証の実施

Webサイトの運営においてゴールを設定し、達成するためにユーザーに対してどのようなコンテンツ施策を提供するか、予め定義しておくことが重要です。漠然とコストを投下するすることを事前に防ぎ、施策に対して優先度をつけることが出来ます。

またGoogleアナリティクスのアクセス数、セッション数、お問い合わせ数などの効果検証を行い、目標に達成していない課題については運用施策を再考したり、コンテンツを見直していくことも必要です。

ゴール定義例

コンテンツオーナー、運用体制の設置

コンテンツオーナーは営業部門、商品開発部門などの情報ソースを保有し、Webサイトを運営する担当部門を指します。企業規模によりますが、中小企業では他部門と兼務している場合が多いと考えられます。

業務内容としては、主に市場、顧客ニーズにマッチしたコンテンツを公開し「利益の最大化」を目指します。売り上げ、お問い合わせなど業績に直結する目標を設定することが多いため、コンテンツオーナーのタスクは非常に重要です。

またコンテンツオーナーが中心となって日々の運用を円滑に行う体制を整備します。コンテンツ企画、ライティング業務など十分な内部リソースの確保が難しい場合は、外部の専門業者に委託することも検討が必要になります。

運用体制図

運用ルール・スケジュールの明確化

コンテンツ運用上では現場スタッフのみで進行してしまうケースが多いですが、具体的にどのようなタイミングで上長に報告をするかルール・スケジュールを設け、「見直す課題」を捉えられるようにしておく必要があリます。そのためにはコンテンツ案、更新回数、アクセス報告などの週次、月次単位での運用ルールを決めておきます。状況により運用マニュアルを整備し、運用ルールが円滑に進行するようにします。

運用ルール・スケジュール、マニュアル

コンテンツマーケティングの実施

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作り、それを伝えることにフォーカスしたマーケティング施策です。明確に定義された見込み客に興味を持ってもらい、関係性を維持し、最終的には購入に結びつくアクションを促すことを目的としています。

コンテンツを起点とする非常にシンプルな考え方の戦略ですが、絶対的な手法が確率されているわけではなく、実践するにはビジネスゴール、ペルソナの設定、コンテンツ案、ユーザーフローなど検討事項は多岐に渡ります。

ビジネス成果を向上させるサイト運用をご支援します。

上記に挙げさせていただいたように、ゴール定義、体制整備、効果検証など対応しなければならないタスクは多岐に及ぶため、実施しようとしても成果が上がらない状況が多く見られます。

自社Webサイトの運用に悩まれている方は、初期の無料診断を行っておりますので、是非、私たちにご相談ください。

お問い合わせ・無料診断

サービスに関するご相談や無料診断のご依頼など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ・無料診断 >