ホームページの集客を増やしたい

ホームページの成長に応じた、集客手法をご提案します。

ホームページで集客したいと考えている担当者の方も多いと思いますが、漠然とブログを更新したり、リスティングを出してホームページの効果が出ない状況を多く見てきました。その経験からはっきり言えることは、ホームページの成長度合いに応じた集客手法を選ぶことが必須になります。今回は一般的なホームページの集客手法をご紹介したうえで、その中からどの集客手法を選ぶと結果が出るかご説明します。

一般的なホームページの集客手法

ホームページの集客手法において有料、無料に大別でき、主要な手法は下記になります。

有料の集客手法リスティング広告(Googleアドワーズ、Yahoo!プロモーション)
ディスプレイネットワーク
SNS広告
プレスリリース
無料の集客手法SEO対策
コンテンツマーケティング
SNS運用(Facebook、Twitter、Instagram)

有料の集客手法

一般的な有料のWebサイト集客手法をご紹介します。

リスティング広告(Googleアドワーズ、Yahoo!プロモーション)

Google、Yahoo!の検索エンジンを利用していると、検索結果画面の上下に広告が掲載されています。この広告枠はユーザーが検索ボックスに入力されたキーワードに応じて、それぞれのキーワードにマッチする広告が表示される仕組みとなっています。広告の掲載自体は無料ですが、ユーザーが広告をクリックしてリンク先のWebサイトに移動すると、1クリックあたりの広告掲載料が発生します。

このようにクリック回数に応じて広告掲載料を支払う広告がリスティング広告になります。主なリスティング広告としてはGoogleアドワーズ、Yahoo!プロモーションが挙げられます。予算設定が出来て、低予算で開始することが可能です。運用がうまく行けば集客効果がありますが、実施するには一定のノウハウが必要となります。

リスティング表示例

ディスプレイネットワーク

Google、Yahoo!などの企業が中心になって、提携されたWebサイトに対して一括で広告を掲載できる仕組みです。このネットワーク化された広告掲載形式がディスプレイネットワークになります。ディスプレイネットワークを利用すると、新聞社や雑誌社などのWebサイトに対して広告掲載することが出来ます。

これらのディスプレイネットワーク広告を掲載する場合には、提供している企業が独自のロジックでPC、スマートフォンなどの各種デバイス、年齢、性別、場所などを推測してターゲティングすることができるため、商品、サービスに対して効果的にプロモーションを行うことが出来ます。

ディスプレイネットワーク表示例

SNS広告

SNS広告はSNS上でのユーザー同士のつながりの情報が取り込まれた形で広告が配信されます。Facebookなどはユーザーの友達がおすすめする形式で広告が表示されるため、従来の広告よりも興味を持たれやすい仕組みになっています。

当初の利用目的はユーザーに企業のSNS投稿を見てファン化することでしたが、最近では自社Webサイトへリンクさせて商品購入を促したり、自社の動画を見てもらうことでブランドを浸透させるなど多岐にわたっています。

Facebook広告表示例

プレスリリース

プレスリリースは企業の規模を問わず、発信することが出来ます。もちろんブランド認知されている大企業の方が、プレスリリース後に各媒体に取り上げられやすいことは間違いありませんが、ニュースが興味を引く内容でしたら企業規模に関係なく、波及効果が見込めます。

例えば、ニュースサイトではA社に掲載されれば、B社にも自動的に掲載されるといったニュースコンテンツの共有、連携を行っているケースが多く見られます。そのため一つでもニュースに取り上げられれば次々とニュースサイトに掲載される傾向があります。掲載箇所としては、各地の商工会議所、業界ニュースサイトに枠があり活用することができます。

無料の集客手法

次に無料のWebサイト集客手法をご紹介します。

SEO対策

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」を指します。Webサイトに関連するキーワードで検索した際に、検索結果の上位に表示されるように、Webサイトを検索エンジンが理解しやすく、高い評価を得る形式で構築する対策になります。

一般的にユーザー大半は検索結果一覧の1ページ目、多くても3ページ目付近までしか閲覧しないと言われています。そのため、検索エンジンから集客を図るならターゲットとするキーワードで上位表示させることがとても重要になります。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作り、それを伝えることにフォーカスしたマーケティング施策です。明確に定義された見込み客に興味を持ってもらい、関係性を維持し、最終的には購入に結びつくアクションを促すことを目的としています。

コンテンツを起点とする非常にシンプルな考え方の戦略ですが、絶対的な手法が確率されているわけではなく、実践するにはビジネスゴール、ペルソナの設定、コンテンツ案、ユーザーフローなど検討事項は多岐に渡ります。

SNS運用

Facebook、Twitter、Instagramなどに企業のページを開設し、継続的な投稿を行い運用する方法になります。企業の投稿に対して興味を持ったユーザーは、その投稿に対して「いいね」をすることでファンになります。ファンになったユーザーには、企業ページの投稿がユーザー自身のニュースフィードに流れて企業が発信した情報を届けることができます。

SNS投稿は誰でも無料で行えますが、ユーザーに興味を持ってもらうコンテンツ作成が重要になります。また、投稿の内容により炎上してしまうと逆効果となるため、企画、運用方針を慎重に検討する必要があります。

ホームページの充実度合いで、集客手法を選択

ホームページの状態によって、選択する集客手法が変わります。公開したけれどもユーザーに有益な情報が無くて、お問い合わせしたくなる要素が無ければ、費用を使って有料広告を出してもホームページから直帰されてしまいます。

初期段階では無料で行えるコンテンツの拡充(コンテンツマーケティング)を進めて、同時にSEO対策を行うのが良いです。その後に検索流入が見られるようになったら、リスティング広告などの有料手法を行います。そして実施後には効果検証を行い、成果が見られた手法には追加費用を投入し、成果が見られない手法は優先度を下げる調整を行います。

ホームページの成長に応じた、集客手法をご提案します。

各手法を実践するには対応しなければならない範囲が多岐に及ぶため、成果を上がるまでに時間が掛かり、場合によっては集客前に断念してしまう状況が見られます。

ホームページ集客に悩まれている方は、初期の無料診断を行っておりますので、是非、私たちにご相談ください。

お問い合わせ・無料診断

サービスに関するご相談や無料診断のご依頼など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ・無料診断 >