「Web集客に役立つ!」メールマーケティングの活用方法

スマートフォン、SNSが普及した現在でも、メールマガジンの効果はあります。私たちが最も立ち上げているアプリケーションはメールソフトであり、仕事からプライベートまで幅広く活用しております。その合間に開いてもらえるメールマガジンはどういうものかご説明します。

メールマガジン(メルマガ)の効果

メールマガジンを含めたメールマーケティングの歴史は長く、古臭い印象を持つ人が多いと思います。しかし、実施する企業としない企業では明らかに差が表れます。また実施はしているが、継続できない企業も多いです。理由としては「企画がない」「運用体制が整わない」「コストをかけたくない」といった理由が多く挙げられます。

しかし「メール」「プッシュ通信」「SNS」といった、ターゲットに直接アプローチができるWebマーケティングの手法の中で最も利用者が多く、確実にカバーできるのはメールになります。Twitter,Facebookでさえも重要な通知はメールアドレスに送られてきます。それほどメールは生活に密着しており、有効なタッチポイントになります。

メールマーケティングのフォーマット

企業が発信するメールマーケティングは、次の3種類に分類されます。

アテンション型

アテンション型のメールマーケティングは、正確にはメールよりも、メールマガジン登録を促すWeb上の施策になります。よくある経験として、購入、お問い合わせに至らないものの、興味があるのでメルマガ登録したということはあると思います。また「アマゾン」「楽天」などが得意としてる「購入者」に対してデフォルトでメールマガジンを導入してもらう仕組みも含まれます。

アテンションを獲得するテクニックとして、メールマガジンは「タイトル」が90%と言っていいほど重要な要素になります。メールマガジンでは、登録後に送られてくる最初のメールでさえ開封しない可能性が高いです。そのため如何にタイトルから興味を惹きつけ、メールをクリックして開封してもらうかを検討する方が良いです。

なおタイトルの付け方のポイントとしては「すぐに役に立つこと」「限定感があること」「目立つこと」などが挙げられます。ユーザーが多くの届いたメールの中から、タイトルを見て「まさに今、知りたい情報だ」と思えば、確実に開封します。そのためには、業界のトレンド、ユーザーの課題感をキーワードに入れて表現することを心がけると良いです。

ナーチャリング型

ナーチャリングとは、育成する意味になります。メールマガジンの登録、ホワイトペーパーのダウンロードを見込み客とするならば、購入には至らないものの、お問い合わせまでしてくれたユーザーも見込み客になります。見込み客は次の5段階に分けられます。

顧客層自社の商品、サービスを一度でも購入、利用した層
準顧客層商品、サービスを理解、認知しており、必要としているので、プッシュすれば顧客にできる層
顕在層商品、サービスを理解、認知しているが、競合、価格、信頼性などで迷っている段階の層
準顕在層商品、サービスを認知しているが、それほど理解しているわけではなく、必要な状態にもなっていない層
潜在層商品、サービスを認知しているか曖昧。アテンション型の施策によって興味本位で問い合わせ、登録した層
浮遊層商品、サービスを認知していない層。アテンションを促し、潜在層へ引き上げる必要がある層

ステップメールを利用

見込み客にも階層があることを理解した上で、実施していただきたいのは、ステップメールになります。ステップメールは、あらかじめ配信するメールを複数登録しておき、決められた順番に配信していき、見込み顧客を購入まで引き上げていく施策になります。

メールマガジンの配信が止まってしまう原因は、定期的にライティングができないことが原因で多いです。また思った以上に開封率が低く、実施しなくなるということもあります。ステップメールはこのようなメール配信が滞る状態を無くすことができるところがメリットになります。

例えば、連載型のメールマガジンをステップメール配信サービスに利用しておけば、自動的に1回から最後まで配信するため、初動の全体を作成する手間はあるものの、途中で中断することはないです。全連載を読み切る頃には、すっかり自社のファンになっているというのが、最高のステップメールになります。

ロイヤルカスタマー型

ロイヤルカスタマー型は、ナーチャリングを通じて顧客になった人にメールマガジンを配信して、新商品、サービスを伝える情報になります。一度顧客になっているため追加購入する可能性が高い層になります。最終的なゴールはロイヤルカスタマーを増やすことになります。

まとめ

メールマーケティングは、コツを掴めば取り組みやすいマーケティング施策になります。配信後は効果検証を行い改善につなげることで、Web集客アップができます。ぜひ、取り組んでみてください。

お問い合わせ・無料診断

サービスに関するご相談や無料診断のご依頼など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ・無料診断 >