「超簡単!」Webライティングを上達する6つのポイント、手順

自社でブログ、オウンドメディアを運用されているWeb担当者の方が多いと思いますが「集客につながっていない」「運用が煩雑になる」という悩みがあるのではないでしょうか? Webライティングには独自のルールがあり目的によって異なります。ここでは主にユーザーに購入してもらうことを前提とした、Webライティングについてポイントをご説明します。

結果が出るWebライティングとは?

Webライティングは、マーケティングの成功を左右する非常に重要な役割を果たしています。自社のWebサイトに来てもらう時に、何よりも「信頼」してもらうことが重要になります。そのため「信頼を醸成」することを目標として、Webライティングを検討する必要があります。こちらはユーザーが文章を読んで「信頼」してもらうためのフレームワークとなります。

タイトルで気をつけるべきポイント

まずタイトルは非常に重要になります。広告、プレスリリース、セールス系のWebライティングでも、全てはユーザーが初めて接触する「タイトル」が成功の可否を握っています。特にWebライティングでは、すぐにユーザーが別のWebサイトへ遷移してしまうので、以下のポイントを考慮して慎重に検討してください。

1.わかりやすさ、明快さ

Webはすぐに離脱されてしまうメディアであり、初見の数秒で成否が決まってしまいます。そのためタイトルに「わかりにくい要素」があるだけで、大きな離脱要因となってしまいます。

幅広く理解してもらう必要があるならば、できるだけ専門用語は使わずに長すぎないタイトルをつけることがポイントになります。またBtoBなど業界担当者がターゲットになる場合は、「共通で抱えている課題」をわかりやすくタイトルに反映する方が良いです。

2.注意を引く表現

A「Webマーケティング講座 2日間コースの募集」
B「もう悩まない! たった2日間でWebマーケティングが実践できる5つの方法とは?」

どちらも同じ内容を表現していますが、Aは事実をそのまま書いているだけの内容になっています。その一方でBは事実にはなりますが「共感」してもらえる要素と「期待感」を醸成させる内容を多少大げさに盛り込んでいます。表現に嘘があってはダメですが、「注意を引く」ということは「表現を追加」するということであり、複雑なことを「シンプル」にすることになります。

またタイトルだけではなく、Webライティングでは「小見出し」も重要になります。文章が長くならないように「キャッチーな小見出し」で区切り、全てを読んでもらう配慮が必要になります。

3.結果を先に書く

Webライティングでは信頼が最も大切ですが、信頼を獲得するのは「ボディーコピー」箇所になります。ボディコピー要素は商品、サービスを利用した場合の結果をわかりやすく示すことがポイントになります。

ユーザーは飽きっぽく、全てのテキストを読まないため、せっかくタイトルで興味を持ってもらったとしても、ボディーコピーでつまらなく感じてしまったら意味がないです。そのためには結果を打ち出すことが必要になります。

4.商品、サービスを端的に説明

ボディーコピーの冒頭で結果を先に書いておけば、読む側は「本当か?」という気持ちになります。ボディーコピーの冒頭で結果を書いた後は、読む側の疑問を解決するための内容を書くニュアンスで、商品、サービスの説明を行います。

ここで反映させたいのは具体性です。できるだけ細部の情報を入れると良いです。ただし長い文章ではなく端的に表現することがポイントになります。如何なる商品、サービスでも「自社の強み」を文章化できるようにしておくのも良いです。

5.信頼を生む要素を入れる

ダイエット商品、化粧品などのランディングページでは、ビフォーアフター、ユーザーの声などが良く掲載されています。これは第三者からの評判を入れることで、より信頼を持たせる効果を出しています。また雑誌などのメディアに取り上げられたことも「第三者」の立場として信頼獲得につながります。

6.クロージングコピー

クロージングコピーは、ユーザーが最終的な判断をプッシュする役割があります。商材によってはクロージングコピー有無で格段に結果が違ってきます。代表的には下記などがあります。

まとめ

Webライティングで結果を出す方法としては、フレームを意識して継続的に実践することになります。まずは売れている商品、サービスのライティングを研究して、実際に書いて練習することが始めてみてください。

お問い合わせ・無料診断

サービスに関するご相談や無料診断のご依頼など、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ・無料診断 >