「初心者向け」Googleアナリティクス セッション、ユーザー、PVとは?

今回はGoogleアナリティクスの基本用語になる「セッション」「ユーザー」「PV」について説明します。
何となく用語を聞いたことあるが、詳しくわからない方も多いのではないでしょうか。この機会に是非確認してみてください。

目次

セッション

「セッション」は「訪問数」をあらわす単位で、ユーザーがサイトを訪れてから離脱するまでの一連の流れのことです。
例えば、ユーザーが実店舗に入ってから出ていくまでの行動が「1回の訪問」だと定義した場合、Webサイトでも考え方は一緒で、来訪してから出て行くまでの行動が「セッション」になります。

セッションの定義

Googleアナリティクスでは、ユーザーが30分間何も行動を起こさなかった場合、セッションが終了したと認識します。つまり、31分後に同一ユーザーによる操作があった場合は、合計2セッションになります。では、なぜセッションに、この処理が必要なのでしょうか?

その理由は、データ収集の仕組みにあります。アナリティクスへアクセスの情報が送られるのは、ユーザーが行動を起こしたときになります。行動の際に送られたデータを、Googleアナリティクスが計測しています。

しかし、ユーザーが離脱する際はページ内で行動が発生しないため、離脱を計測することができません。そこで、Googleアナリティクスでは「30分間行動が発生しなかった場合、ユーザーが離脱しセッションが終了した」と処理しております。

ユーザー

「ユーザー」は「訪問した人数」を指します。ユーザー数やアクティブユーザーといった人の数に関する指標はユーザーが基本になっています。

同一ユーザーとして認識できるセッションの条件

Googleアナリティクスではユーザーの識別をブラウザに残されたcookieを利用して行っています。そのため、以下の条件を全て満たすと、複数のセッションを同一ユーザーとして認識できます。ちなみに、異なる日にセッションが発生しても、cookieが残っていればユーザの識別が可能です。

PV

「PV」は「ページの訪問者数」のことをあらわす単位で、同じユーザーが何度も訪問した場合に訪問数だけカウントされます。ページをリロード(更新)したり、ブラウザの「戻る」ボタンで別ページに戻った場合でも1PVとしてカウントされます。そのため、1セッションにつき1PVになる場合もあれば、3PVになる場合もあります。

ちなみにPV数とセッション数、ユーザー数は、次の関係性で成り立っています。
ユーザー数 ≦ セッション数 ≦ PV数

まとめ

Googleアナリティクスで分析する場合、「セッション」「ユーザー」「PV」などの専門用語が頻繁に出てきます。特にこの3つは重要な指標なので、是非覚えておいてください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >