Googleアナリティクス「セグメント」機能の理解、設定方法

GoogleAnalyticsには、データを抽出して表示する機能として「セグメント」があります。特定の条件にマッチしたユーザーのみの集計が行える事により、分析の幅が広がります。今回は効率的なアクセス解析が可能に出来るセグメントの設定を説明します。

目次

セグメントとは?

セッション、ユーザー単位で絞り込みをかける機能です。取得した情報の中から「コンバージョンに至ったユーザー」、「モバイルトラフィック」など、特定のデータ群を絞り込んで表示します。

例えば、アクセス全体の中から「スマートフォンからのセッションだけ確認したい」「商品購入したセッションだけ確認したい」「SNSからのセッションだけ確認したい」というケースが結構あると思います。この様なときに「セグメント」を使うと特定条件のみに絞った結果を確認することが出来ます。なお蓄積データを抽出して表示してる為、データの復元が可能です。

セグメント適用画面

セグメント指定できる条件例

セグメント条件例概要
コンバージョン関連コンバージョンに達成されたセッション、コンバージョンに至ったユーザー、トランザクションが発生したセッション、購入したユーザー
端末の条件PC、タブレット、モバイル
アクセス回数シングルセッション(1回のみ)、マルチセッション(複数回)
流入種類ノーリファラー、自然検索、参照、有料

セグメントを使った条件の絞り込み

1.セグメントの設定画面を表示

レポート画面上部に表示されている「+セグメントを追加」をクリックします。

2.絞り込みたいセグメント名にチェックを入れる

セグメントのリストが表示されるので、絞り込みたいセグメント名にチェックを入れて「適用」ボタンをクリックします。なお「セグメント表示」>「システム」内には、使用頻度が高い項目があらかじめ用意されています。また使いたいセグメントが無い場合は、「+新しいセグメント」ボタンから条件を指定することができます。

3.データが指定した条件に切り替わる

セグメントが絞られたレポートに切り替わります。セグメントを適用すると、Googleアナリティクス内の「ユーザー」「行動」などのメニュー内で条件が適用された状態になります。なお、「すべてのユーザー」を欄外にドラッグ&ドロップ、もしくは右上Vマークから削除を選択しますと、設定したセグメントのみ表示されます。

まとめ

今回は分析の手法として、セグメントの設定をご説明しました。Googleアナリティクスを何となく使っていただけでは発見出来ない気付きを、見つける手助けになるため、是非有効に活用してみましょう。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >