Googleアナリティクス クリック数を計測する「イベントトラッキング」の設定方法

Googleアナリティクスはページビュー数、滞在時間などページ単位の集計が基本ですが「イベント機能」を使うとページ内のボタン、バナーのクリック数を測定することができます。今回はユーザーの行動を詳細に分析するのに有効なイベント機能を説明します。

目次

イベントラッキングとは

Googleアナリティクスはページ閲覧状況を測定する以外に、ページ内のボタンのクリック数を測定する「イベント」機能があります。例えば、PDFダウンロードのクリック数を把握するときや、特定のバナーをクリックしたユーザーの訪問経路などが知りたいときに「イベント」機能を使います。

イベントトラッキングの設定例

例えば通常ではページ内の総クリック数しか計測できませんが、イベントトラッキングを設定することで、上記などの特定したいボタンが何回クリックされているか計測できます。

イベントラッキングの設定方法

1.「イベント」測定用のトラッキングコードを作成

「イベント」機能を使うには「イベント」測定用のトラッキングコードを作り、測定したいボタンのソースコードにイベントトラッキング用のタグを入れる必要があります。「イベント」測定用のトラッキングコードのサンプルは以下になります。

「イベント」測定用のトラッキングコード

ga(‘send’, ‘event’, ‘button’, ‘click’, ‘footer contact button’);

サンプルコード内の「button」「click」「footer contact button」には、任意のイベントを入れます。Googleアナリティクスでは 「button」をイベントカテゴリ、 「click」」をイベントアクション 「footer contact button」をイベントラベルと呼びますが、単純に分類程度に覚えておいて任意名称を付けて良いです。ただし管理が煩雑にならないように一定ルールは設けましょう。

イベント区分分類
イベントカテゴリ大分類ad、movie、image、link、buttonなど
イベントアクション中分類click、download等など
イベントラベル小分類footer contact button、pdf buttonなど

2.「イベント」測定用のトラッキングコードを設置

作成した「イベント」用トラッキングコードを、ボタンソースを<a>タグ内に記述します。例えば「フッターお問い合わせボタン」に書き込むと下記になります。この設定が完了すると、Googleアナリティクス「イベント」項目の各種レポートで測定結果を見ることができます。

トラッキングコード例

<a href=”/contact/” onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘button’, ‘click’, ‘footer contact button’);”>Contact</a>

3.「リアルタイム」レポートで正常に測定されているか確認

まず「イベント」用トラッキングコードを設置したボタンをクリックしてください。次にGoogleアナリティクスの「リアルタイム」>「イベント」を確認してください。正常に測定されていれば集計結果に表示されます。

「リアルタイム」>「イベント」

まとめ

イベントラッキングの概要、設定方法、数値の確認方法をご説明しました。Webサイトでのユーザの行動を詳細に分析するためにもぜひ覚えていただき、分析に活かしてみてください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >