Googleアナリティクス アカウント、プロパティ、ビューとは?

Googleアナリティクスの説明でよく使われる「アカウント」「プロパティ」「ビュー」ですが、
役割、機能について曖昧な方も多いと思います。今回はGoogleアナリティクスの構造と、各名称の詳細をご説明します。

目次

Googleアナリティクスの構造

Googleアナリティクスは、フォルダの中にフォルダが存在する階層構造になっております。
まず最上位にアカウントフォルダがあり、次に任意サイトに紐付けされたプロパティフォルダが入っており、さらにその中にビューが収納されております。

Googleアナリティクスの構造

これらの構成を確認する場合、「管理」をクリックしますと表示されます。

ホーム画面

アカウント

「アカウント」はデータ構造の中の最上位になります。Googleアナリティクスを利用するには、まずこのアカウント作成が必要です。役割としては、この後設定する「プロパティ」「ビュー」を格納するスペースです。

プロパティ

「プロパティ」は、アカウントの1つ下階層になり、分析対象サイトごとに作成します。自社で運営しているサイトが複数ある場合は、プロパティを分けて作成します。プロパティごとにサイトに埋め込むトラッキングコードが発行されるため、サイトごとにデータを集計できるようになります。なお、1つのアカウントで最大50個のプロパティを作成可能です。

また、AdWords広告(検索連動型広告)とGoogleアナリティクスを連携して、レポート表示する場合は「プロパティ」設定を行います。

ビュー

「ビュー」では測定するサイトのデータ集計に関わる設定を行うことができます。例えば、お問い合わせ完了、資料請求完了などの目標ページの設定、ECサイトの売り上げレポートへの反映設定などができます。
またデバイス毎、対象ページ毎など複数のビューを作成して知りたい集計内容別に作成することもできます。

ビュー設定の気をつけるべきポイント

ビュー作成日以前のデータは表示されません

ビューに表示されるのは、ビューを作成後のアクセスデータです。既存のビューをコピーとして、新しいビューを作成しても、直後は全てのデータが0と表示されます。

ビューにフィルタを適用可能

フィルタとはアクセスデータの中から任意のデータを抽出・除外できる機能です。特定ページ、サブドメインへのアクセスのみを閲覧できるビューや、特定のユーザーからのアクセスを除外したビューを作ることができます。なお、フィルタを使っても過去データの修正は不可能です。

ビューを削除しても、35日間は復元できる

削除されたビューは、35日間ゴミ箱に保管されます。ゴミ箱で保管している間はビューの復元が可能ですが、35日が過ぎると完全に削除されます。

利用パターンに応じたアカウント/プロパティ構成

Webサイト規模や運用状況に応じた、アカウント/プロパティ構成例になります。

Webサイト運用者運営サイト数アカウント/プロパティ
1運用者、1部門50サイト以下1アカウントでWebサイトごとにプロパティを作成します。
複数運用者、複数部門50サイト以下Webサイト担当が複数の担当者や部門である場合、アカウントを分けた方が良い場合があります。例えばグルーバルサイトでしたら、「国内製品」と「海外製品」で管理部門が違う場合は別アカウントを作成する必要があります。
1運用者、1部門
複数運用者、複数部門
50サイト以上1つのアカウントで登録できるプロパティの数は最大50個です。50サイトを超える場合は別アカウントにしましょう。

まとめ

Googleアナリティクスでのアクセス解析には必要になる、アカウント、プロパティ、ビューの概要を説明しました。分析するWebサイトを増やしたい、分析領域を絞りたい場合は、アカウント、プロパティ、ビューを意識してみてください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >