「初心者向け」Googleアナリティクスの特徴、導入後の設定方法

Googleアナリティクスは高機能なアクセス解析ですが、利用者側で設定する必要があるため難しいと感じる方が多いと思います。
ここでは初めてGoogleアナリティクスを使う方にも分かりやすく、基本的な特徴、設定方法を説明します。

目次

Googleアナリティクスの特徴

Googleアナリティクスは、Googleが提供しているアクセス解析です。Webサイトの「お問い合わせ」「資料請求」の結果を確認したり、ECサイトの改善などに多く利用されているツールです。

月間ヒット数(PV、イベントなどのGoogleへのリクエスト回数)が1,000万までであれば無料で利用できるため、多くのユーザーに利用されております。また利用に必要なのはGoogleアカウントのみで、設定も特定のコード(トラッキングコード)を貼り付けるのみです。

Googleアナリティクスホーム画面

Googleアナリティクスホーム画面

Googleアナリティクスで何ができるのか

GoogleアナリティクスをWebサイトに導入することにより、ユーザーの訪問経路、サイト内の行動などを調べることができます。具体的には、ユーザーがどこから来訪して、どのページから閲覧開始して、どのページを経由して最後にどのページを見たか、という一連のユーザー動線を知ることができます。

ユーザーが使用したデバイス(PC、スマホ、タブレットなど)、地域、時間も分かります。また、Webページ内のボタンに対しても専用タグを記載しておくことで、クリック数、ダウンロード数を把握できます。

Googleアナリティクス ユーザー>概要画面

Googleアナリティクスの分析種類

基本的な分析種類としては「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」の4種類になります。

種類詳細
ユーザー(サイト訪問のユーザー属性)年齢、性別、地域、訪問回数
集客(サイトへの訪問経路)訪問経路、キーワード
行動(サイト内の行動)閲覧ページ、閲覧時間、離脱ページ
コンバージョン(サイトの目標達成度合い)お問い合わせ数、お問い合わせするまでのサイト訪問回数

Googleアナリティクスの分析種類

Googleアナリティクスの分析種類

Googleアナリティクスの仕組み

Googleアナリティクスは「ウェブビーコン型」のトラッキング(収集)方法を取っております。
「ウェブビーコン型」とは、Webサイトに記述したタグ(トラッキングコード)が動作してアクセスされたデータを送信し、解析する方法です。よってGoogleアナリティクスを利用する時には、Webサイトにトラッキングコードを追加する必要があります。

Googleアナリティクスの仕組み

Googleアナリティクスの設定方法

1.Googleアカウントの作成

Googleアナリティクスを利用するには、まずGoogleアカウントを作成する必要があります。
https://accounts.google.com/SignUpにアクセスして作成します。既にアカウントを持っている場合は、2に進めてください。

Googleアカウントの作成

2.Googleアナリティクスのアカウントを申し込む

https://www.google.com/intl/ja/analytics/にアクセスして、右上の「ログイン」をクリックしますとメニューが表示されますので、「Googleアナリティクス」を選択して、申し込みを行ってください。

ログイン画面

アカウント設定画面が表示されるので、下記を参考に設定を行います。

項目内容設定例
トラッキングの対象計測対象をWebサイト、スマートフォンアプリに選択できます。Webサイト
アカウント名Googleアナリティクスのアカウント名を入力します。今後、対象Webサイトが増えた場合には、このアカウント内で追加できます。samplestore
WebサイトURL計測対象のURLを入れます。対象サイトがhttps://の場合は変更してください。samplestore.com
業種Webサイトにマッチする「業種」を選択してください。ショッピング
レポートのタイムゾーン時間の基準になる国を選択します。日本

設定画面

内容確認後にそのまま、「トラッキングIDの取得」をクリックします。利用規約のウィンドウが開くので「同意する」をクリックしたら「トラッキングコード」が表示されます。

トラッキングコードとは?

トラッキングコードはWebサイトへの訪問者のデータを取得するために各Webページに埋め込んでおくコード(プログラム)のことです。 トラッキングコードを正確に実装することでアクセス解析のためのデータの取得ができます。

トラッキングコード

3.タグを埋め込む

HTMLファイルの<head>~</head>に囲まれた中、head要素の終了タグの前にコピー&ペーストで設置します。トラッキングするすべてのHTMLファイルに同作業を行い、アップロードします。

4.Googleアナリティクスのデータを確認する

リアルタイムレポートを確認して、Googleアナリティクスがデータ取得出来ているか確認します。リアルタイム以外のレポートは、データが処理されるまでに24-48時間かかります。

Googleアナリティクスのデータを確認する

まとめ

今回は、初めてGoogleアナリティクスを導入される方向きに基本的な特徴、設定方法を説明しました。
Webサイトの分析において、まずはデータが取れる様にする必要がありますので、正しい設定方法を理解してGoogleアナリティクスでアクセス分析ができる環境を整備する様にしてください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >