Googleアナリティクス 流入経路を分類する「チャネル」の理解

Googleアナリティクスでは、サイトに訪れたユーザーの流入経路を分析する「チャネル」という項目があります。このレポートでは検索エンジン、広告からのセッション数などを知ることができます。ここでは流入分析に必要になる各チャネルの内容を説明します。

目次

流入経路を分析するチャネル

Webサイトにどの経路でユーザーが流入しているか見るのは非常に重要です。例えばコーポレートサイトを運用されているなら、検索エンジン対策の効果を評価するために「検索エンジン経路からの流入がどれだけあったか」を見るのことが必要になります。

またECサイトを運営されているなら、出稿した広告の評価を行うために「広告ごとのユーザー数やそこからの購入状況」を見る必要があります。Googleアナリティクスでは経路ごとに特有の名称があり、それを総称して「チャネル」と呼びます。

チャネル一覧

Organic Search(自然検索)

オーガニック検索(自然訪問)からの流入が分類されます。オーガニック検索とは、検索エンジンを使って表示された検索結果一覧(広告枠を除く)からの流入を示します。例えばGoogleの検索エンジンで「株式会社ゼロセット」と検索して、検索結果に表示された「株式会社ゼロセット:東京のWeb制作会社」をクリックしてサイトに流入すると、そのユーザーは「Organic Search」からの流入に分類されます。

このオーガニック検索からの流入は、多くのサイトが注目する流入経路です。特にSEO対策(自社サイトの検索結果の上位表示)を行なっている場合は「Organic Search」からの増減により施策の評価を行います。

Social(ソーシャルメディアからの流入)

「Social」はSNSからの流入が分類されます。例えば新しい記事やコンテンツをFacebookに投稿し拡散するなど、SNSを集客に活用しているサイトではこの「Social」からの流入数に注目すべきです。

GoogleアナリティクスでSNSに分類されるサイトは多く、また新しいSNSの出現によっても変わります。ですからすべてを覚える必要はありません。最低限「YouTube」「Facebook」「Twitter」「instagram」は「Social」に分類されると覚えておけば良いです。

Referral(別サイトからの流入)

「Organic Search」「Social」に分類されない、ニュースサイト、個人ブログなどの自社サイトとは別サイトからの流入になります。

Direct(直接の流入)

「Direct」はどんな流入経路でサイトに訪問したか不明なユーザーが分類されます。訪問経路が不明になるケースは以下になります。

上記以外に、自身のサイトのシステム要因でユーザーの訪問が不明になるケースや、ユーザー側のブラウザで訪問先が特定できない設定をしているケースが考えられます。

Paid Search(有料検索)

「Paid Search」は検索連動型広告(リスティング広告)からの流入が分類されます。例えばGoogleの検索エンジンで「リスティング広告」を検索すると、検索上位結果に「広告」と表示されたリンクが表示されます。このリンクをクリックして流入してきたユーザーをGoogleアナリティクスでは「Paid Search」からの流入に分類します。

「Paid Search」経路で、ある「キーワード」からの流入ユーザーの直帰率が高ければ、「そのキーワードで検索するユーザー専用のページを設ける」などの施策を検討すると良いです。

Affiliates(アフェリエイトからの流入)

「Affiliates」はアフィリエイトサイトからの流入が分類されます。計測設定しない場合は「Referral」に分類されます。

Display(ディスプレイ広告の流入)

「Display」はディスプレイ広告(純広告、バナー広告)からの流入が分類されます。

Email(メールからの流入)

「Email」メールからの流入が分類されます。計測設定しない場合は「Direct」に分類されます。

まとめ

今回はGoogleグーグルアナリティクスのチャネルについて説明しました。何気なく使っている言葉ですが、しっかりと意味を理解しておかないと、勘違いすることもありますので注意が必要です。この機会に覚えておいてください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >