Googleアナリティクスの使い方「初心者が見るべきページ一覧」

Googleアナリティクスのメニューを見ると多くの指標がありますが、どのタイミングで何を見るか覚えるのは大変です。
今回は初めての方でも、Googleアナリティクスを使って基本的な分析ができる様にポイントを絞って見るべきページを説明します。

目次

流入から目標達成のページを見る

まず始めにGoogleアナリティクスを使って分析する範囲を確認します。
手順としては、大きい数値の流入からWebサイト内のページに向かって、最終的にどの程度目標達成したか見るイメージです。

Webサイトの流入から目標達成フロー

流入元を把握する

ユーザーがWebサイトを訪問するきっかけは、検索エンジン、他Webサイト、ブログ、facebook、twitterなど様々です。そしてその流入元によりユーザー属性、モチベーションが異なり反応も違いがあります。つまり、流入元を考慮しない場合、反応が薄いメディアに訴求したり、非効率な運用をしてしまう場合があります。そうならないためには、流入元の傾向、違いを把握する必要があります。

Googleアナリティクスでは「検索」「広告」「外部サイト」「SNS」などの反応を数値で確認する事ができます。確認方法は左メニューの集客>概要(サマリー)になります。

集客サマリー

重要な検索キーワードを確認する

インターネットを使って情報を探す場合、ほとんどの人が検索エンジンを使います。そのときに「検索キーワード」を入力して、欲しい情報を探します。Googleなどの検索エンジンは、入力されたキーワードに関連するサイトを検索結果としてユーザーに表示します。

つまり、「検索キーワード」は欲しい情報を探しているユーザーと、必要情報が掲載されているWebサイトを結びつける役割を果たしています。よって自分のサイトへ多く流入させるためには、重要な検索キーワードを確認して検索結果に反映させる必要があります。

検索クエリ

確認方法としては、Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させることで、自分のサイトが、どの様なキーワードで検索されているのかわかる様になります。サイト改善はもちろん、ユーザーニーズを汲み取るにも大いに役立ちます。

Googleアナリティクスとサーチコンソールとの連携方法

ユーザーサマリーを見る

Googleアナリティクスのデータの中でも特に「ユーザーサマリー」に集約されている情報は重要で、基本的な確認すべき指標がまとめられています。特に下記4指標は重要項目です。

セッション

まず確認するすべきは「セッション」です。「セッション」とは、サイトに訪れたユーザーがページを見て離れるまでの回数です。例えば1人のユーザーが朝昼晩に1回づつサイト訪問した場合、3回のセッションとしてカウントされます。この数字を日々確認することで、どのくらいのセッションがあるか把握ができます。詳細についてはこちらもご確認ください。
Googleアナリティクス ユーザー、セッション、PVとは?

直帰率、ページ/セッション

「直帰率」は1ページのみ見て、サイトから離れてしまったアクセス割合の事です。「ページ/セッション」はアクセス辺り平均何ページを見たか表す指標です。これらの指標がよくない(「直帰率」が高く、「ページ/セッション」が低い)事は、ユーザーに興味を持たれていなかった可能性があることを意味しています。

逆に「直帰率」が低く、「ページ/セッション」が高いほど、Webサイトに興味を持っているユーザーが多くアクセスしている可能性が高いことを意味しています。

ユーザーサマリー

モバイル

サイト運用上、ユーザーが使用しているデバイス確認は重要です。PC、スマートフォンなど閲覧状況により、改修の優先度を決める判断材料になり、どのデバイスに注力すれば良いか把握できます。例えば、PCの閲覧が多い場合だったら、PCのリニューアルを重点的に行う必要があると判断できます。

モバイルサマリー

目標の完了を確認

通常、Webサイトには「お問い合わせ」「資料請求」などのゴールが設定されております。Googleアナリティクスではそれらのゴールを「コンバージョン」と言い、目標設定機能を使ってコンバージョンの設定ができます。また、目標達成した回数だけでなく、Webサイトに訪れた経路も把握ができます。

なお、目標設定を行わないと、コンバージョンの確認ができないため、こちらを参考に設定してください。
Googleアナリティクス「目標」の設定方法

目標サマリー

まとめ

今回は、初めてGoogleアナリティクスを使って分析するための必要ページ、機能をご説明しました。
詳しい分析を行うためには、時間をかけて各ページ機能を理解する必要がありますが、簡易的な分析、効果測定を行う時には参考にして見てください。

ご相談・お問い合わせ

サービスに関するご相談・お問い合わせは、こちらからお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ >